建築前住宅購入のコツ|リビン株式会社も用意している建築前住宅に注目しよう

リビン株式会社も用意している建築前住宅に注目しよう

建築前住宅購入のコツ

インテリア

まず、建築前の建売住宅を購入する利点としてプランを変更できるという点があります。ある程度の範囲内でプランを変更できるのがこの手法の強みですが、そこには同時に弱みも存在します。それは、細かい変更点が記録として残りづらいという点です。売り手側はあくまで建売住宅として物件を扱うため細かい変更履歴が残されず、情報不足から後のトラブルへと繋がってしまうケースも存在するのです。
その点を解消するためには、変更点を書面に残しておくことが大切です。コンセントの位置やフローリングの色といった様々なプランの変更を仕様書や設計書へ網羅し、その書面をもって契約するというのが望ましい流れです。リビン株式会社などの不動産会社へ、これらの仕様書を用意することが可能かどうか問い合わせてみましょう。
もしリビン株式会社などの不動産会社がこういった書面作成に対応していない場合は、ご自身で記録を残すことが望まれます。具体的には、担当者と行なった打ち合わせの記録です。変更点を箇条書きにしておき、契約の際に有効な書類とします。この記録があることで、契約後のトラブルを防ぐことができるのです。
また、不動産会社によっては担当者によって打ち合わせ記録が提出される場合があります。ご自身で記録を取る前に、まずはリビン株式会社などの利用する不動産会社へ確認してみましょう。もしリビン株式会社などの不動産会社がそういった打ち合わせの記録に対応していないということであれば、やはりご自身で記録を残しておくことが推奨されます。